鍵穴は詰まってしまったり、鍵が回らなくなってしまったりするなど様々なトラブルが発生する場所です。そんな繊細な鍵穴であるからこそ、その鍵穴のトラブルを発生させる原因を突き止めて、そしてその原因を解消したいと思う方もおられるかもしれません。しかし、鍵穴にトラブルを発生させる原因を考えても、素人の判断ではどのような原因がトラブルを発生させているのか分かりません。そんなよく分からない鍵穴のトラブルの発生要因ですが、もしかしたらその要因は実は空気だったのではないかと推測されるのです。

なぜ空気が鍵穴にトラブルを発生させる要因となるのかというと、鍵穴の中に影響を与えるのは紛れもなく空気であるからです。空気が影響を与えるということを理解できない場合があるかもしれませんので、簡単にご説明しますと、鍵穴はカバーをかけていない限り外気に触れていることから、外気に水分が多く含まれていたり粉塵などが紛れ込んでいたりすれば、空気が媒介として鍵穴の中にトラブルの要因となる錆びや異物の詰まりを発生させることになります。これが鍵穴にトラブルを発生させる要因が、空気であるということの証拠です。

それでは常に外気に触れているであろう鍵穴は、そのほとんどがトラブル発生のリスクを常に抱えているのかというと、そうであると断言できます。ただ、常に空気に触れていながらもトラブルが起こる率が違うのは、空気の質が大きく関係しているでしょう。そのため、粉塵や錆が起こりやすい空気に触れている鍵穴は、それだけトラブルの発生確率が高いと考えてかまいません。

常に私たちの周りにあふれている空気が、実は鍵のトラブルを発生させる大きな要因の一つであるとは、かなり驚きですよね。しかしこれは現実ですので、空気に触れている限り、鍵穴は常にトラブルを発生させる状況にあると考え、空気という身近なものによるトラブル発生を未然に防ぐ対策を行いましょう。

Categories: 未分類