新しい鍵を取り付ければ家族や同居人のために用意するであろう合鍵。この合鍵は、以前であれば比較的どのような鍵でも作ることができましたが、現在の状況から言うと全ての鍵が合鍵を作れるわけではないので注意をしておくべきでしょう。もしそれを知らずに合鍵作成コーナーなどに鍵を持っていくと、「この鍵は合鍵を作ることはできません。」と門前払いを食らってしまう可能性があります。それでは、どのようなケースで合鍵は作ることができないのでしょうか。

まず考えられるケースとしては、その鍵が海外製のものであるという場合です。国産の鍵であれば合鍵を作るノウハウや、合鍵作成マシンの相性が合うことから問題がないこともあるのですが、こと海外製の鍵の場合はあまりメジャーではないような鍵の場合があるのでそのコピーを作るとなると特別なノウハウが必要になってきます。そうなると一般的な鍵屋さんや合鍵作成コーナーでは取り扱ってもらえないのです。

また次に考えられるケースとしては、鍵が特殊なものである場合です。最近であればイモビライザー付きの自動車の鍵からはじまり、玄関などの鍵にも電子的な信号が組み込まれていることが多いです。また、シリンダーが特殊な形状をしている鍵もあれば磁石が内蔵された鍵など本当に幅広い特殊な鍵が販売されていますので、そのような鍵の場合は複製することにかなりの技術が必要となります。そうなるとこのケースもまた海外製の鍵のように、普通の合鍵作成を請け負っている業者さんでは対応してくれないということが考えられるでしょう。

ただ、これらの合鍵を作ることができないタイプの鍵も、場合によっては一部の鍵屋さんで合鍵作成を請け負ってくれるケースもありますので、完全に合鍵が作成できないこともないです。そのため、もしも複製した鍵が必要になるのであれば、自分のまわりでこれらの鍵を複製できる業者がいるのか調べてみるといいでしょう。

Categories: 未分類